バイナリーオプション 税金のしくみってどうなってるの? いつから税金が発生するの?いくら課税されるの?

バイナリーオプション

今回はバイナリーオプションの税金についてとなります。

バイナリーオプションで取引を繰り返し、利益が出たら気になるのは「そういえば税金ってどうなってるんだろ?」という点になるかと思います。

今回はそんなバイナリーオプションの税金についてをかなり簡単にご説明します。

知っておいて損はないので、是非ご覧になって頂けたらと思います。

税金が発生するタイミングはいつ?

まず始めに気になるのが、「バイナリーオプションの税金っていつから計算されるの?」という、税金が発生するタイミングについてになると思います。

取引をして利益が出た時点で発生するの?
1万円の取引をして、8000円の利益が出たけど、次ぎ1万円で取引して損失を出した場合-2000円だけどそれでも税金発生するの?

バイナリーオプションは取引を繰り返して損益が出るので、どのタイミングで税金が発生するのか分かりませんよね。

バイナリーオプションで税金の対象となるのは、“一年間の取引結果の損益総額”になります。

1年間取引をし続けた年間取引の利益に対して税金が発生します。

 

バイナリーオプションの税金っていくら?

バイナリーオプションの税金についてですが、まず“国内業者”“海外業者”によって税率が変ってきます。

 

国内バイナリーオプション業者の場合

国内業者だった場合(厳密に言えば、金融庁に登録されている業者だった場合)分離課税〝20.315%〟を納めて終了となります。

例えば、20万円入金をして、1年間取引をし続けて口座残高が50万円になったとします。

1年間の取引利益総額50万円-投資資金20万円=利益30万円になるので、

30万円×20.315%=60,945円の税金を納める必要があります。

国内業者の場合はかなり簡単ですね。

さらに、国内業者だった場合は、過去3年の損益を遡ることが可能です。

1年目、2年目と年間取引総額が損失だった場合、3年目でプラス収支になっても税金免除となります。

 

海外バイナリーオプション業者の場合

海外バイナリーオプション業者の場合は、分離課税ではなく“雑所得(総合課税)”になり、所得金額によって異なります。

課税対象の所得金額 控除(こうじょ)額 税率
195万円以下 0円 5%
195万円〜330万円未満 97,500円 10%
330万円〜695万円未満 427,500円 20%
695万円〜900万円未満 636,000円 23%
900万円〜1800万円未満 1,536,000円 33%
1800万円〜 2,796,000円 40%

 

計算方法
(所得+取引で得た利益額)×所得合計にかかる課税率ー所得に対する控除額=合計の課税額

かなりややこしいですよね。

なので、単純に所得金額に対しての税率で出た金額が大体の税金になります。

というのも、会社から貰うお給料ってそもそも税金払い終わったものが手元にきますよね? ここでの計算では額面上での計算になります。

本来であれば、所得-(所得×0.2+54万円)の計算が必要ですが基本的に会社が行ってくれます。

海外バイナリーオプション業者の場合はややこしいので、確定申告の際に源泉徴収票を出せば、そこからバイナリーオプションでの利益分証明を出して、課税を出してもらうのが確実です。

 

バイナリーオプションの年間取引総額の出し方

確定申告の際に必要になってくるのが、年間を通してどのくらいの取引を行い、このくらいの利益が出ましたよという証明になります。

ほとんどの場合、利用している業者のサイト内からダウンロードが可能です。

例:FXbinaryの場合

サイト内“お取引履歴”から、期間を設定し、CSVダウンロードをするだけです。

赤枠の部分だけの操作で取引総額を出す事が可能なので、確定申告の際に簡単に出す事ができます。

 

確定申告が不要なケース

バイナリーオプションで利益が出ても、必ず確定申告しないといけない訳ではありません。

会社員や専業主婦など、トレーダーの環境によって条件が違ってきます。

 

会社員の場合
・バイナリーオプションの年間利益が20万円以下
・給与所得、退職所得以外の所得(雑所得等)の合計金額が20万円以下

バイナリーオプションで年間取引損益がプラス20万円以上だった場合は、確定申告が必要になります。

 

被扶養者(専業主婦など)の場合
年間所得額の合計が38万円以下

バイナリーオプションで年間取引損益がプラス38万円以上だった場合は、確定申告が必要になります。

 

自営業や専業トレーダーの場合
バイナリーオプションの利益に関わらず、確定申告が必要。

専業トレーダーだった場合、いかなる場合でも確定申告が必要となります。

ご自身の環境によって、確定申告が必要な場合と不要な場合があるので確認しましょう。

 

まとめ

ここまでご覧頂き誠にありがとう御座います。
今回はバイナリーオプションの税金についての記事となりましたが如何でしたでしょうか。

バイナリーオプションは簡単な取引ルールなので、初心者が利用しています。

ですが、日本には“納税の義務”があるので、税金について知らないと「気付いたら脱税してた」なんて事になりかねません。

これからバイナリーオプションを始める人は、必ず税金についても知っておきましょう。

本記事を簡単にまとめると以下の通りです。

・年間取引の損益総額が、課税の対象となる。
・国内業者と海外業者で税率が違う。
・国内業者の場合、利益×20.315%の課税。
・海外業者の場合、利益によって税率が異なる。
・年間の取引結果は、サイト内からダウンロード可能。
・会社員は、バイナリーオプションの年間利益が20万円以下だった場合確定申告不要。
・専業主婦などは、バイナリーオプションの年間利益が38万円以下だった場合確定申告不要。
・専業トレーダーや自営業者は、いかなる場合でも確定申告をしなければならない。

税金ややこしいなー、確定申告めんどくさいなーって思っている人は、確定申告時期に市役所や区役所で相談所が設けられていたりするので、是非そちらで相談してみてください。

必要書類や計算を丁寧に教えて頂けます。稼ぐだけではなく、稼いだ後の納税も大事なので、知っておきましょう。

以上で今回の記事を終わりにします。
ありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました