【最新9月24日分掲載】バイナリーオプション ボリンジャーバンドで取引をした結果がヤバかった 取引結果・収支公開

テクニカル分析

今回はこれまで別記事で説明させて頂いた、ボリンジャーバンドで実際に取引を行っていきたいと思います。

この記事を書きながら、実際に取引を行っていくので、かなりリアルタイムな取引結果となります。

また、取引回数は一定数以上ないと参考にならないと思うので、今後もこの記事にボリンジャーバンドで取引を行い追記したいと思います。

それでは早速本題に入ります。

 

ボリンジャーバンドとは

 

ボリンジャーバンドはレンジ相場で取引をする際に有効と言われている、テクニカル分析及びインジケーターになります。

ボリンジャーバンドは中央にある線の移動平均線と、移動平均線より外側にある”統計学から導いた移動僅差(σ)”で成り立っています。

なにやら難しいなぁ、結局どうやって取引すればいいの? と思う人もいるかも知れません。

ですが、要は“移動平均線の外側に表示されている線の間で価格が遷移する”というのを統計学から計算してチャートに表しているだけなんです。

価格が収まる範囲の事を“バンド”と呼びます。

ボリンジャーバンドはトレンド・トレンド転換を読むのに優れているので、順張り逆張り両方利用可能ですが、主に逆張りで利用される事が多いです。

 

ボリンジャーバンドの見方

 

ボリンジャーバンドは、バンド内に価格が収まるとされている事を利用して取引をしていくテクニカル分析になります。

では、実際どのくらいの確率でバンド内に収まるのかというと、以下の通りです。

 

バンド内に収まる確率ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約99.7%

 

±2σで95.4%とかなり高い確率でバンド内に価格が収まっているというのが分かると思います。

分かり易く画像で解説します。

バンド内でチャートが遷移していく、尚且つ±2σで95.4%もある事から“±2σにローソク足がタッチしたら、タッチした方向と逆にエントリー”する逆張りが分かり易く利用者も多いテクニカル分析になっています。

 

ボリンジャーバンドの設定

 

まずは、MT4・MT5内にあるボリンジャーバンドをクリックしましょう。

パラメーターを入力するフォーマットが出てくるので、期間を20日~25日のいずれかに設定をして、僅差を1に設定してOKを押します。

すると、3本のラインが表示されます。

現在、中央の移動平均線と±1σが表示されている状態です。

次ぎに、再度ボリンジャーバンドをクリックして、僅差2の設定をしてOKを押します。

分かりやすいように色を変えておきましょう。

現在、中央の移動平均線と±1σと±2σが表示されている状態です。

最後に、またボリンジャーバンドをクリックして僅差3の設定をしてOKを押します。

これで、移動平均線と±1σ±2σ±3σまで表示された状態となり設定は完了です。

 

ボリンジャーバンド 期間設定補足

 

ボリンジャーバンドは自身で期間を設定することが可能です。

バイナリーオプションは取引期間が短いから、短い期間をチャートに表示してもOKです。

短い期間でボリンジャーバンドの動きを見たい場合、期間を”5~10″に設定しましょう。

ただし、注意点があります。

期間を短く設定すると、価格反応が早くなる変りに“騙しサイン”が多くなります。

情報の精査が大変になり、勝率は安定しません。むしろ下がる可能性すらあります。

以前バックテストで短い期間を利用したのですが、勝率が下がったこともあります。

その点を考慮して、自分にあった期間を設定しましょう。

 

また、±2σで約95.4%もあるのに±3σは要らなくない?と思う人もいるかも知れません。

ですが、±3σを表示することで”強いトレンド発生”を視認することが可能なので、表示して損はありません。

 

ボリンジャーバンド 分速足設定

 

MT4・MT5はローソク足でチャートを見ることが可能です。

ローソク足からも多くの情報を得る事が可能なので、必ずローソク足に設定しておきましょう。

バイナリーオプションは短期取引となります。

なので、ボリンジャーバンドで分速足を確認する場合、1分足・5分足といった短い分速足の方がいいかも知れません。

ただし、注意点があります。

分速足の単一時間だけを確認するのはNGです。

ボリンジャーバンドには“騙しサイン”が存在します。

ずっと1分足をみていても、ボリンジャーバンドからの情報が正確なものかどうか判断できない場合があります。

そんな時は“上位足の確認”をしましょう。

バイナリーオプション初心者向け テクニカル分析の基礎中の基礎 上位足・下位足について
今回は初心者でも簡単に分かる、為替相場の基礎中の基礎である"上位足"と"下位足"について説明します。 為替相場初心者は取引で勝つ事ばかりを考えがちです。勿論それは間違いではないのですが、勝つ為に必要な情報を取り入れる事(プロセス)をせ...

上位足については、上記記事に詳しく説明してありますのでご覧になって頂けると幸いです。

1分や5分といった短い分速足の確認だけではなく、上位足の確認を行う事でボリンジャーバンドの情報を正確に掴みましょう。

 

ボリンジャーバンド 実際の取引結果

 

ボリンジャーバンドで実際に取引を行います。

 

取引条件取引会社:FXbinary(エフエックスバイナリー)
取引通貨:USD/JPY
ペイアウト率:1.80倍
取引金額:1000円
取引回数:10回

上記条件で、ボリンジャーバンドを利用して取引を行っていきます。

基本的には逆張りエントリーです。

移動平均線より、上にローソク足があった場合上昇トレンド(逆も然り)なので、順張りも行います。

加えて、MACDとRSIも表示して、売買サインを確認します。

 

9月18日 取引結果

“10戦6勝3敗1分”

勝率60%で利益に換算すると、プラス1800円の収益になります。

今回の良かった取引は、

±σ2にタッチして、その後チャートが戻るしぐさがなく±3σにタッチ。
エクスパンションが起きて、バンドウォークが発生するのかと思いきや、RSIで買われすぎのサイン、そしてMACDでゴールデンクロスがおきたので下降で連続エントリー。

チャートは下がり、連勝に繋がりました。

反省点として、上位足では上昇トレンドだったので、もう少し落ち着いて相場をみる必要があった。

安定した利益を獲得するには、今回私が行ったように、RSIとMACDを表示した方がよさそうです。

今後もボリンジャーバンドで取引を行い、記事に追記していきます。

 

追記 9月19日 取引結果

早速、昨日に引き続きボリンジャーバンドでの取引を行いましたので結果をご覧頂けたらと思います。

“10戦4勝4敗2分”

勝率は40%で損益換算すると、“マイナス800円”になります。

上位足でみて下降トレンド、尚且つ下位足で±2σにタッチしたので下降にエントリー。

という形をとったにも関わらず勝率は安定しませんでした。

おかしいと思い、今回の企画とは別に20万円でエントリーをした所、


(↑上位足)

(↑下位足)

(↑取引結果)

問題なく、利益に繋がりました。

企画とは全然関係ないところではあるのですが、ちゃんとボリンジャーバンドで取引を行って利益が出ました。

ただ、今回は逆張りよりもボリンジャーバンドで上位足と下位足を確認して、トレンド方向に順張りの方が利益に繋がるのかな?と思いました。

勿論それもケースバイケースですが。

 

追記 9月20日 取引結果

 

企画3日目、日本タイムで設定を24~10に変更して取引を行いました。

結果は、“10戦5勝4敗1分”になります。

勝率は50%で損益は”0円”になります。

最初は10に変更した際の変動の多さにビックリしました。

ですが、上位足でトレンドをみて、上位足と同方向のサインが出たらエントリーという形で取引を行う事で持ち直せた形になります。

設定を24から10に変更することのメリットは短い時間足で細かい僅差を確認できること。

デメリットは、サインが多くなってしまう事で上位足を細かく確認して、尚且つRSIとMACDの確認も怠らないようにするという事。

補足

基本的な事になります。

まず、上記画像ですが、20日取引中の30分足画面になります。

上下に変動しているレンジ相場なのが分かると思います。

ですが、直近ではバンドウォークが発生して下降トレンド。

次ぎに取引中の15分足の画像です。

こちらも概ね30分足と同じ形です。

直近の部分で移動平均線より下にローソク足があり、下降トレンド中。

で、大事なのが、30分足のローソク1本の中に15分足のローソク足2本が入っているという事です。

そして上記が、取引中の1分足画像になります。

細かいエクスパンションが発生しているのがお分かりになるかと思います。

1分足のローソク足15本が、15分足のローソク足1本分という事なんですよね。

なので、上位足のトレンド確認は本当に大事なんです。

20日の取引で言えば、上位足が下降トレンドだった為、
逆張りをするよりも、下降のサインが出たときだけに集中して取引を行う。

バイナリーオプションでは上記のような取引が有効ではないでしょうか。

 

追記 9月23日 取引結果

 

窓明けとなる9月23日で取引を行いました。

設定は20日と同じですが、取引方法は上位足のトレンドと同方向のサインが下位足で出た際にエントリーという手法に切り替え。

結果は“10戦7勝2敗1分”となります。

勝率70%で、損益は“プラス3600円”の利益になります。

かなりいい感じの結果となりました。

取引内容は以下の通りです。

(↑上位足の黄色く囲んだ部分)

(↑下位足の黄色く囲んだ部分)

少し分かり辛いかも知れませんが、上位足が上昇トレンドの際に、
下位足で上昇のサインが出たらエントリーという形です。

つまり順張りですね。

安定して利益に繋がったので、明日も同じ手法で試してみたいと思います。

また、今回も同値決済(引き分け)が発生しています。

これがハイローオーストラリア(High&Low.com/ハイローマーシャル)だった場合7勝3敗となり、損益は2600円になっていました。

なので、テクニカル分析で取引を行う場合、絶対にハイローオーストラリアは利用しないでください。

 

追記 9月24日 取引結果

 

早速9月24日分の取引結果を公開します。

取引内容はこれまでと変らず、日本時間に上位足をみて、下位足で上位足と同じトレンドサインが出たらエントリーになります。

“10戦8勝2敗0分”になります。

勝率80%で、損益は”プラス6400円”になります。

かなり勝率が安定してきました。

今行っている手法で大事になってくるのが、押し目・戻し目になります。

押し目・戻し目を慎重に見極めてエントリーをしないと損失が出てしまうので、そこだけ注意して取引を行っていく必要があります。(正直どの取引手法でも押し目・戻し目は重要)

 

合計取引成果

さて、この5日間の成果になります。

 

合計成果1日目:10戦6勝3敗1分
2日目:10戦4勝4敗2分
3日目:10戦5勝4敗1分
4日目:10戦7勝2敗1分
5日目:10戦8勝2敗0分
合計:50戦30勝15敗5分
合計勝率:60%
合計損益:+11000円

【追記19日分】

この成果をみて頂けると分かると思うのですが、引き分け判定が3つもあります。

つまり、テクニカル分析を行う際、大事になってくるのはHigh&Low.com(ハイロードットコム/ハイローオーストラリア/ハイローマーシャル)で取引をしたらダメという点です。

ハイローオーストラリアは引き分け(同値)が負け判定になります。
つまり、レンジで取引をする際ハイローオーストラリアで取引をすると損失がでかくなります。

にも関わらずハイローオーストラリアを賞賛してるブログや記事を見かけるので「あ、アフィリエイト目的なんだな。実際に取引してないだろ。」と思う次第です。

お金は大事です。なので、ちゃんと利益に繋がる業者選びをしっかりと行いましょう。

テクニカル分析で取引をするのであればハイロードットコムはダメです。

ハイローを推薦していたり賞賛している記事を見かけたら、アフィリエイト目的で間違いないでしょう。

注意してください。

 

【追記20日分】

やはり今回も引き分けが発生しています。

30回中4回という事は、引き分けが発生する確率は約13%です。

10回に1回、100回に10回の確率です。

絶対に見過ごせる数値ではありません。

狂ったようにハイローオーストラリアを推薦してる頭の悪い記事ばかりがネット上に溢れていますが、勝つ為の取引や業者選びをしているとは到底思えません。

完全にアフィリエイト目的でHigh&Low.com(ハイロードットコム/ハイローオーストラリア/ハイローマーシャル)を推薦しているだけです。

これからバイナリーオプションを始める人は、勝ちに拘った業者選びを行いましょう。

 

【24日追記分】

合計取引回数が50回となりました。

勝率60%となり、バイナリーオプションにおける損益分岐点を無事に越えました。

1回の取引金額を1000円に設定しているので、あまり利益にならないかなと思ったのですが、5日目にして1万円を越える事ができました。

とはいえ、引き分けが負け扱いになるハイローオーストラリア(ハイロードットコム/ハイローマーシャル/High&Low.com)を利用していた場合の損益は“プラス6000円の利益”にしかなっていなかったので、ハイローオーストラリアだけは利用しないようにしましょう。

取り急ぎ、50回を節目として一旦この期間は完了とさせて頂きます。

まだみてみたいというご要望があれば、次ぎは100回を目指そうと思います。

 

まとめ

 

ここまでご覧頂き誠にありがとう御座います。
今回のボリンジャーバンドで取引をした結果と、収支公開記事はいかがでしたでしょうか。

結果として、決して悪くはありませんでした。

やり方次第でもっと勝率アップを目指せそうです。

次ぎは設定した期日を少し短くしてみて、取引を行いたいと思います。

 

今回のボリンジャーバンドの設定と取引のやり方は、初心者向けとなっています。

利益が出ていない、勝率が安定しないという人がいましたら、一度試してみるのはいかがでしょうか。

また、私の方で完全無料レクチャーを行っています。

どうしても一人じゃ利益を上げられないという人がいましたら、無料レクチャー・無料予想配信を行っているので、遠慮なくLINEまでご連絡ください。

 

追記

取引回数50回目をもって、今回の企画を完了とさせて頂きます。

ボリンジャーバンドを利用して取引を行い、どのくらい利益が出せるのかという企画はいかがでしたでしょうか。

取引金額も1000円に固定し、初心者でも参考になる内容になっているかと思います。

どのくらい稼げるのかという目安になるのではないでしょうか。

是非参考にして頂けると幸いです。

以上で今回の記事を終わりにします。
ありがとう御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました